I'm シェリー。

好奇心旺盛なアメリカ駐在妻

コロナ禍一時帰国②14日間の待機要請生活の実態!

Hi シェリーです!

 

先日やっと帰国後14日間の待機生活を終えました。有り難いことに元気に過ごすことができました〜!

 

今回は、前々回の記事、日本一時帰国①帰国前PCR検査&飛行機についてに引き続き、一時帰国後の14日間待機生活についてです。

 

この記事では、

 について書いていきます。

 

前の記事にも記述したように、不快感や好ましい思いを持たない方は、読むのをお控え下さい。

また、情報はあくまでも”シェリー調べ”です。状況は日々変わっているので、必ず最新情報を厚生労働省のHPなどで確認ください。

 

帰国後14日間の待機要請をざっくり説明

厚生労働省のHPでは、「強制」ではなく、「要請」という言葉が使われています。なので、やはり帰国者の責任感任せって感じなんでしょうかね〜

 

日本到着日を0日目として、翌日から14日間、検疫所長が指定する場所で待機しなければなりません。待機場所の確保は、日本到着日を含め、15泊16日必要なのでお気をつけくださいね〜(14泊15日だと足りないです)

  

それから、14日間の待機場所について「検疫所長が指定する場所」とは、自宅、社宅、親戚の家、友人の家、マンスリーマンション、自身で予約したホテルなどが対象になるようです。

空港から、待機場所へは公共交通機関は使用できないので、そのような機関を使用せずに行ける場所(ハイヤーや、友人家族の迎えはOK)を確保した方が良さそうです。

私たちが利用した施設やその他の情報については、次項に書いています。

 

また、14日間の生活方法について、詳しく記載されている厚生労働省のページが見つからなかったのですが、各都道府県や自治体のHPに詳しく記載があったりします。

基本的には

①公共交通機関を使用しない。

②不要不急の外出を控える。

③他人との接触を避ける。

というようなところでしょうか。 

お子さまがおられる家庭は、なかなか外に出られず少しストレスフルかも、、、。

 

私たちが利用した待機場所について

待機場所としては、Unitoというサービスを(リンクはこちら)を使用して、ワンルームマンションのような場所を借りました。

料金は¥86,900で1人分。2人目以降は、追加料金という形で請求され、夫婦2人で大体10万円ちょっとでした。料金には、光熱費や空港からのハイヤー代込みなので、相当お得。

問い合わせをすれば、希望の部屋の大きさなどの要望ができます。その要望に基づき、Unitoさんの方から、何個か物件を提示してくれるので好みの部屋を選ぶという形です(希望にそえないこともあるそうな)

私たちが利用した部屋には、調理器具と食器、ケトル、レンジ、冷蔵庫、乾燥機付き洗濯機、無料Wifiなどがついており、普通に生活を送ることができました。

 

Unitoさん以外にも、一時帰国.com さん(リンクはこちら)が似たようなサービスを提供しておられるようです。

お問い合わせをしたところ、2人で13〜15万円、かつハイヤー代(数万円)は別途請求とのことで、私たちの予算を上回るお値段。他にも、同じようなサービスをしている会社があると思うので、各ご家庭の予算に合わせて、選ぶのがいいのかなと思います。

ちなみに、空港近くのホテルなども帰国者向けパッケージを出していますが、上記のサービスよりもさらにお高いです。キッチンなどはついていないところが多いので、お弁当が支給されるようですが、個人的にはマンションタイプの方が好みです。

 

14日間待機生活、正直な感想

思っていたより全然しんどくない!という感じでした。

パンデミックが始まって以来、1年間以上、アメリカで似たような生活を過ごしてきた私たちにとって、14日間の隔離生活はそんなに苦ではなかったような。旦那氏は基本的に1日中仕事、私は料理や洗濯、勉強に追われ、あっという間でした。夫婦2人だけっていうのが良かったのかもしれません。

日本食スーパーやコンビニは徒歩圏内、外出しなくてもAmazon楽天市場でお買い物、Uber Eatsや出前館の利用ができるので、(部屋が狭いことを除けば)生活上困ることはほぼ無し。日本は小さい調味料なども売ってるので、ミニサイズの酒、醤油、みりん、砂糖を揃えて毎日料理もできました〜!

 

それに、日本はアメリカ(カリフォルニア)よりも、規制がかなり緩いので、逆に感染しそう!って恐ろしくなりました(笑)

地域差があるのかもしれませんが、スーパーの入場制限やカゴ・カートの消毒などは全くなし。レジに並ぶときも、誰も2メートル以上離れない。マスクしてても鼻が出てたり、道端で唾を吐いてる人がいたり、、、(怖)

今や誰がどこで感染してもおかしくない世の中。自分と家族、周りのためにも気を抜かないようにしなきゃ〜って思いまた。 

 

番外編。日本に持って帰ってよかったもの

個人的に日本に持って帰ってきて良かった〜ってもの紹介します。結構マイナーなものばかりなので、要らんやろって思われる方もいると思いますが、、、

 

①ハンガー

我が家は、IKEAのハンガー15本程度をキャリーケースに入れて帰国しました。IKEAのハンガーってちょっと小さくて使いにくいんですよね〜、、、アメリカの家では全く使っていなかったので、隔離終了後のチェックアウト時には施設に寄付するつもりで持って帰ってきました。

洗濯したものを吊ったり、コートやハンガーを掛けたり、何かと使うんですよね。もちろんハンガーがついている施設もあるかと思いますが、うちはかなり重宝しました。

 

②袋を止めるパッチン

あれ名前なんやったっけ!?ポテチとか開封後に封ができるパチってするやつ!あると便利です。これ↓

f:id:sHeRrYl0ve:20210226200911j:plain

 

IKEAのぱっちんクリップ

 

③電源タップ

あまり仕事やパソコン作業をされない方には不要かもしれませんが、電子機器を多く使う方にはあると色々捗ります。

こういうやつです↓

f:id:sHeRrYl0ve:20210226200840j:plain

Amazonさん電源タップ

④爪切り

忘れがちなこれ。一時帰国とかに限らず、1週間以上旅行するときには、案外爪って伸びちゃうんですよね。あると有難いやつです。

 

 

どれも小さなものなので、キャリーバックのポケットなどに忍び込ませても場所をとりません。わざわざ持って帰ってこなくても、日本はなんでも揃いますが、たった1ヶ月の生活のために、色々買い足すのは馬鹿らしいですよね〜。そのお金で美味しい定食が食べれちゃう!誰かの参考になれば嬉しいです。

 

いつも通り、個人的な体験と感想ばかりになりましたが、今回はこの辺で。

See you soon! Thank you!! 

 

 

 

最後に。買い出し時に桜を見ました。アメリカではほぼ見れずだったので、やっと日本に帰ってきた〜という感じです!

f:id:sHeRrYl0ve:20210301204042j:plain